やっぱりハワイに来たらクヒオビーチでしょ。

   

クヒオビーチパーク

ハワイのビーチといったら、まずはじめに思いつくのがワイキキのクヒオビーチでしょう。日本のテレビ番組などでも絶対紹介される、ハワイNo1のビーチです。クヒオビーチを見たら、「ハワイに来たー」と感じるはずです!クヒオビーチは、8つのビーチの総称である「ワイキキ・ビーチ」の中でも一番有名で一番旅行客が訪れる、楽しさいっぱいのビーチで、モアナ・サーフライダー・ホテルから、カパフル・アベニューよりほぼ平行に海へ突き出た防波堤までのエリアを指します。このエリアは、モアナ・サーフライダー・ホテル以外には、オン・ザ・ビーチのホテルがないため、とても開放感のあり、オープンな雰囲気があります。また、一部が防波堤になっているため、波はとても穏やかで、小さいお子さんがいる家族連れも安心して遊べます。

クヒオビーチパーク
旅行客にはなにかと頼りになるワイキキ・ポリス・ステーションや、ウィザード・ストーン、デューク・カハナモク像、プリンス・クヒオ像等の観光スポットがあるほか、クヒオビーチ・トーチライティング&フラショーの開催場所もクヒオビーチです。そんなクヒオビーチでは、いつも、ゆっくり本を読んだり、日光浴を楽しんだり、サーフィンをしたりと多くの旅行客、家族連れで賑わっています。そこには、みなさんがテレビや雑誌で見ているあのワイキキの光景が広がっています。

そんなハワイの王道、クヒオビーチでのお勧めを紹介します!

サーフィン初心者には最高です。

クヒオビーチパークでサーフィン

クヒオビーチには、初心者に最高のサーフポイントがあります。モアナ・サーフライダー・ホテルの横、ワイキキ・ポリスステーション前のカヌーズと呼ばれるサーフポイントです。ここの波は、とてもやさしくてメローで、足下は岩ではなく砂なので、ボードから落ちて足を切るといった怪我の心配もありません。サーフィン初心者には、ロコボーイのサーフレッスンを受けることをお勧めします。レッスンを受ければ、初めての人でもすぐに波をつかんで、最高の瞬間を感じることができるのです。

クヒオビーチパークでサーフィン
また、他のポイントに比べて、旅行客が多いので、ロコサーファーたちも、優しく声をかけてくれ、楽しくサーフィンができます。ビーチ沿いでサーフボードも借りられるので、気軽にトライできます。はじめてのサーフィンはハワイで!と思ってたあなた、是非クヒオビーチでサーフィンデビューしてみてください。

クヒオビーチパークでサーフィン
上級者は、少し左側のクィーンズでロコにまぎれてサーフィンをエンジョイしてください!クヒオビーチでは、サーフィンだけではなく、カヌーライドも楽しめます。
クヒオビーチパークでカヌーライド

大人はここで一休み。

クヒオビーチパーク
モアナ・サーフライダー前のビーチからは、「これぞハワイ!」という風景を眺めながら、ハワイアンビールが飲めます!ビーチでゆっくりしていると、やっぱり冷たいビールをグビットと飲みたいと感じますよね。クヒオビーチでは、飲酒が禁止されているので、ビーチで飲むことはできません。そんなときは、モアナ・サーフライダーの中にある「ザ・ビーチ・バー」へレッツゴー。ビーチからフラリと立ち寄れるモアナ・サーフライダーの「ザ・ビーチバー」はそんなあなたの願いをかなえてくれます。喉が乾いたら、お気に入りのハワイアンビールと、吟味されたハワイならではのププ(おつまみや前菜)を味わいながら、バニアンツリーのした、ワイキキの青い海とハワイのシンボルダイヤモンドヘッドを眺めながら、優雅なひとときを満喫してみてください!

夕方のフラショーは、一見の価値あり。

クヒオビーチパークでフラショー
クヒオ・ビーチ・トーチ・ライティング&フラショーは、クヒオビーチのメインイベントで、日没ごろに始まります。無料で生のフラダンスを見ることができるおすすめのショーになります。ハワイといえばやっぱり、フラダンスですから、一度は絶対見ておきたい!という人にはお勧めです。はじめは、トーチに火がともされるます。この儀式はハワイ王朝時代からの伝統で、

クヒオビーチパークでフラショー
その後に、フラダンスとハワイの伝統音楽のショーが始まります。このショーは、ホノルル市が主催している無料のショーになります。場所は野外ステージになっていて、サンセットタイムから、巨大なバニアンツリーをバックに、ビーチに向かってショーが開催されます。フラダンスはハラウ(フラ教室)に通う地元の子供たちのフラ、大人たちのフラなどもあってとても本格的で、内容も毎日変わります。ハワイで、有名なフラダンサーの出演もあるそうです。観客は、正面の芝生に座ってもいいし、後ろのほうの砂浜に座ったり、立ったりして見ます。サンセット前には、正面の芝生は混んできますので、しっかりと見たい人は、早めに行ってゆっくりしているのがお勧めです。太平洋に落ちる夕陽を背にしながら、本格的なフラダンスとハワイアンミュージックを楽しむのはハワイ旅行のお勧めのひとつです。

ワイキキに滞在したら、是非クヒオビーチへ!

どうでしたか?ここには、紹介しきれないほど、クヒオビーチにはお勧めがいっぱいあります。是非、クヒオビーチで、自分にあった、最高の時間をすごしてくださいね。

 - ハワイ ,

  関連記事

ロイヤルハワイアンセンター
ショッピングだけではない、ロイヤルハワイアンセンター満喫ガイド

ワイキキ最大のショッピング・エンターテイメント複合施設、ロイヤルハワイアンセンターは、ただのショッピングだけではなく、旅行客1人1人の希望を満たしてくれます。是非、お気に入りのロイヤルハワイアンセンターの満喫方法を見つけてください。

アラモアナビーチ
ロコと一緒にアラモアナビーチで体を動かそう!

ロコ行きつけのアラモアナビーチ。週末になると家族ずれでBBQを楽しんだり、ビーチを楽しんだりと大勢の人で賑わいます。そんなアラモアナビーチでは、色々なアクティビティをしているロコがいっぱいです。是非、ロコに混じってアラモアナビーチを満喫しよう。

フォスター植物園
世界中の珍しい植物をフォスター植物園で楽しもう!

超有名なカメハメハ大王像からほど近いフォスター植物園。1年で7万人もの観光客が訪問する人気な場所です。園内にはハワイならではの植物もありますが、それ以上に世界中の木が多数植えられています。その中でも特に見るべき植物をご紹介!

ハワイ・ネイチャー・センター
ハワイの自然を楽しく学べる、ハワイ・ネイチャー・センターの魅力をご紹介!

短い滞在期間の間に、ハワイの自然について深く学びたいという方!ハワイ・ネイチャーセンターの実施している、環境学習プログラムがおすすめです。今回は、大人も子どもも楽しく自然について学べる同センターの魅力をご紹介します。

カオピラニ公園
ワイキキの憩いの場所 カピオラニ公園

ワイキキの東側に雄大に広がるカピオラニ・パーク。どこまでも緑色の芝が続き、そこから見えるワイキキのシンボル ダイヤモンドヘッドは、これぞハワイ!ジョギングやピクニックなどカピオラ二公園ならではのハワイの過ごし方をご紹介します。

ワードウェアハウスエンターテイメントセンター映画館
誰もが楽しめる、ワードエンターテイメントセンター

ハワイ随一の大型モールといえば、ワードセンターズ。ワードセンターズにある5つのエリアの中でも、「ワードエンターテイメントセンター」は、大規模な映画館があるなど、特に娯楽要素の強いエリアです。今回は、この「ワードエンターテイメントセンター」内にある、おすすめスポットをご紹介します!

Brothers in Valor Memorial
日系アメリカ人部隊の功績を讃える記念碑~Brothers in Valor Memorial~

第二次世界大戦中、米国と日本という2つのルーツのはざまで苦しんだ、日系アメリカ人。その歴史を知ることのできる記念碑が、ワイキキにあるBrothers in Valor Memorialです。

モアナルア・ガーデンパーク
”日立の樹”を見られる~モアナルア・ガーデンパーク~

日本人にとって、とてもなじみ深い”樹”を見られる場所が、ハワイにあります。「この木なんの木」という歌を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?今回は、”日立の樹”として有名な樹のある、モアナルア・ガーデンプレイスをご紹介!

パキ・プレイグラウンド
ハワイの素晴らしい環境の中で遊びまわれる公園~パキ・プレイグラウンド~

子どもと一緒にハワイを楽しむには、旅行プランの中に、子どもたちが目一杯遊びまわれるような要素を盛り込むことも大切!そこで今回は、心置きなく子どもたちを遊ばせることのできる公園、パキ・プレイグランドをご紹介します。

ホノルル・ハレ
イベントは予約必見!ホノルル・ハレ

クリスマスシーズン、ホノルル市内でも特に多くの人々が集まるのが、ホノルル・ハレ。なぜなら、ホノルル・シティ・ライツというクリスマスを祝うイベントの中心地が、ホノルル・ハレだから。今回は、そんなホノルル・ハレとホノルル・シティ・ライツをご紹介します。