やっぱりハワイに来たらクヒオビーチでしょ。

   

クヒオビーチパーク

ハワイのビーチといったら、まずはじめに思いつくのがワイキキのクヒオビーチでしょう。日本のテレビ番組などでも絶対紹介される、ハワイNo1のビーチです。クヒオビーチを見たら、「ハワイに来たー」と感じるはずです!クヒオビーチは、8つのビーチの総称である「ワイキキ・ビーチ」の中でも一番有名で一番旅行客が訪れる、楽しさいっぱいのビーチで、モアナ・サーフライダー・ホテルから、カパフル・アベニューよりほぼ平行に海へ突き出た防波堤までのエリアを指します。このエリアは、モアナ・サーフライダー・ホテル以外には、オン・ザ・ビーチのホテルがないため、とても開放感のあり、オープンな雰囲気があります。また、一部が防波堤になっているため、波はとても穏やかで、小さいお子さんがいる家族連れも安心して遊べます。

クヒオビーチパーク
旅行客にはなにかと頼りになるワイキキ・ポリス・ステーションや、ウィザード・ストーン、デューク・カハナモク像、プリンス・クヒオ像等の観光スポットがあるほか、クヒオビーチ・トーチライティング&フラショーの開催場所もクヒオビーチです。そんなクヒオビーチでは、いつも、ゆっくり本を読んだり、日光浴を楽しんだり、サーフィンをしたりと多くの旅行客、家族連れで賑わっています。そこには、みなさんがテレビや雑誌で見ているあのワイキキの光景が広がっています。

そんなハワイの王道、クヒオビーチでのお勧めを紹介します!

サーフィン初心者には最高です。

クヒオビーチパークでサーフィン

クヒオビーチには、初心者に最高のサーフポイントがあります。モアナ・サーフライダー・ホテルの横、ワイキキ・ポリスステーション前のカヌーズと呼ばれるサーフポイントです。ここの波は、とてもやさしくてメローで、足下は岩ではなく砂なので、ボードから落ちて足を切るといった怪我の心配もありません。サーフィン初心者には、ロコボーイのサーフレッスンを受けることをお勧めします。レッスンを受ければ、初めての人でもすぐに波をつかんで、最高の瞬間を感じることができるのです。

クヒオビーチパークでサーフィン
また、他のポイントに比べて、旅行客が多いので、ロコサーファーたちも、優しく声をかけてくれ、楽しくサーフィンができます。ビーチ沿いでサーフボードも借りられるので、気軽にトライできます。はじめてのサーフィンはハワイで!と思ってたあなた、是非クヒオビーチでサーフィンデビューしてみてください。

クヒオビーチパークでサーフィン
上級者は、少し左側のクィーンズでロコにまぎれてサーフィンをエンジョイしてください!クヒオビーチでは、サーフィンだけではなく、カヌーライドも楽しめます。
クヒオビーチパークでカヌーライド

大人はここで一休み。

クヒオビーチパーク
モアナ・サーフライダー前のビーチからは、「これぞハワイ!」という風景を眺めながら、ハワイアンビールが飲めます!ビーチでゆっくりしていると、やっぱり冷たいビールをグビットと飲みたいと感じますよね。クヒオビーチでは、飲酒が禁止されているので、ビーチで飲むことはできません。そんなときは、モアナ・サーフライダーの中にある「ザ・ビーチ・バー」へレッツゴー。ビーチからフラリと立ち寄れるモアナ・サーフライダーの「ザ・ビーチバー」はそんなあなたの願いをかなえてくれます。喉が乾いたら、お気に入りのハワイアンビールと、吟味されたハワイならではのププ(おつまみや前菜)を味わいながら、バニアンツリーのした、ワイキキの青い海とハワイのシンボルダイヤモンドヘッドを眺めながら、優雅なひとときを満喫してみてください!

夕方のフラショーは、一見の価値あり。

クヒオビーチパークでフラショー
クヒオ・ビーチ・トーチ・ライティング&フラショーは、クヒオビーチのメインイベントで、日没ごろに始まります。無料で生のフラダンスを見ることができるおすすめのショーになります。ハワイといえばやっぱり、フラダンスですから、一度は絶対見ておきたい!という人にはお勧めです。はじめは、トーチに火がともされるます。この儀式はハワイ王朝時代からの伝統で、

クヒオビーチパークでフラショー
その後に、フラダンスとハワイの伝統音楽のショーが始まります。このショーは、ホノルル市が主催している無料のショーになります。場所は野外ステージになっていて、サンセットタイムから、巨大なバニアンツリーをバックに、ビーチに向かってショーが開催されます。フラダンスはハラウ(フラ教室)に通う地元の子供たちのフラ、大人たちのフラなどもあってとても本格的で、内容も毎日変わります。ハワイで、有名なフラダンサーの出演もあるそうです。観客は、正面の芝生に座ってもいいし、後ろのほうの砂浜に座ったり、立ったりして見ます。サンセット前には、正面の芝生は混んできますので、しっかりと見たい人は、早めに行ってゆっくりしているのがお勧めです。太平洋に落ちる夕陽を背にしながら、本格的なフラダンスとハワイアンミュージックを楽しむのはハワイ旅行のお勧めのひとつです。

ワイキキに滞在したら、是非クヒオビーチへ!

どうでしたか?ここには、紹介しきれないほど、クヒオビーチにはお勧めがいっぱいあります。是非、クヒオビーチで、自分にあった、最高の時間をすごしてくださいね。

 - ハワイ ,

  関連記事

カカアコウォーターフロント公園の夕日
静かな時間と海が支配するカカアコウォーターフロント公園

カカアコウォーターフロント公園は、のんびりとサンセットを味わえる絶好のスポット。公園内にえひめ丸の慰霊碑があることでも有名です。この場所は静かに時間が過ぎて行くだけではありません。周辺を散策したら、ゆっくりと食事も楽しみましょう。

観光客も見学可能!~ハワイ政治の中心、ハワイ州政府ビル~

州議会や知事執務室を備えた、ホノルルにあるハワイ州政府ビル。行政機関でありながら、観光客に対しても開放的な州政府ビルの魅力をご紹介します。

パンプキン
アロウン・ファームスへ行こう!ハロウィーンにはパンプキン狩り

アロウン・ファームスは毎年10月31日のハロウィーンが近づくと、一般に開放される農園。そして訪問した人はハロウィーンにはつきものであるランタンの材料になるパンプキンを、持ち帰ることができます。10月にハワイを訪問する人にはおすすめです。

モエナ・カフェ
マリンスポーツを楽しめる! 食事もできる!~ココ・マリーナ・センター~

ハワイの高級住宅街にあるココ・マリーナ・センターは、ショッピングも、マリンスポーツも楽しめる場所。そんな、ちょっと欲張りな観光スポットを、今回はご紹介します。

チャイナ・ウォールズ
チャイナウォールズはスリリングでロマンチックなサーフスポット

チャイナウォールズは、多少危険なサーフスポットとしてサーファーには知られた存在です。大きく削れた崖と空と海が一体化した風景を楽しむシークレットビーチとしても愛されているようです。一般的な観光スポットには含まれていないとっておきの場所です。

ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター
学びながら遊べる!ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター

子供達が遊びながら世の中の色々な仕組みを学べる、大人気のスポットがハワイにあります。ここではハワイの歴史に触れることや、異文化体験もでき、パパやママも一緒に楽しめるので、ご家族で一緒に学びながらハワイの思い出を作ってみませんか?

カメハメハ大王像
カメハメハ大王像が表すのは、ハワイ王国の栄光と繁栄の日々

ハワイの観光スポットとして有名なカメハメハ大王像には、いつかのドラマが秘められています。それは王国であったハワイの歴史に密接に関係した壮大な物語です。その大まかな内容を知っておくだけで、カメハメハ大王像の前で有意義な時間を過ごすことができそうです。

ホノルル・チョコレート・カンパニー
食事もショッピングも楽しめる定番スポット!ワードセンター

ハワイで人気のモール、ワードセンターズ。中でも特に、食事も、ショッピングも楽しむことができるのが、「ワードセンター」です。今回は、この「ワードセンター」内にある、おすすめのレストランを中心にご紹介します!

溢れる大自然!~夏でも爽やかな風が心地良い、ヌアヌ・バレー・レイン・フォレスト~

ヌアヌ渓谷周辺は、古くはハワイ王国時代に、国王一族の避暑地とされていた地域。今回は、そのヌアヌ渓谷近くにあり、ハワイの大自然を感じられるヌアヌ・バレー・レイン・フォレストをご紹介します。

ワイキキ・ヒストリック・トレイル
ワイキキの歴史を学べる街道~ワイキキ・ヒストリック・トレイル~

1世紀ほど前まで、王国として存在していたハワイ。ワイキキ・ヒストリック・トレイルは、ハワイ王国時代も含めて、ワイキキの歴史を肌で感じられる、23の史跡からなる歴史街道です。ワイキキの史跡を巡れば、きっと、ハワイの新たな一面を発見できるはず!今回は、ワイキキ・ヒストリック・トレイルの中でも、特におすすめのスポットをご紹介します。