ハナウマベイでシュノーケリング

   

ハナウマベイ

ワイキキから車で約20分ほどの場所に、透明度抜群のハナウマ湾があります。ハナウマ湾は、オアフ島東南部に位置し、色とりどりの魚たちが目の前を泳ぐのが見れるハワイNo1のシュノーケリングスポットです。
さらに、水の透明度、景観の美しさで、2004年度の全米ベストビーチNo.1に輝いています。
波も穏やかで、小さな魚が波打ち際でもいっぱい泳いでいますのでお子さんでも安心して楽しめます。

シュノーケリングの聖地

ハナウマ湾

フムフムヌクヌクアプアアなど沢山のお魚に会えます。

シュノーケリングの聖地のハナウマ湾は、ほとんどの人がシュノーケリングのために訪れます。
アラモアナビーチやワイキキビーチなどでもシュノーケリングはできますが、ハナウマ湾の水の美しさ、魚の種類の多さは他のビーチとは比べ物になりません。

ハナウマ湾では、デリケートな生態系を取り戻すための大規模な湾の修復が行われ、自然保護に力を入れています。訪問者は、必ずビーチに入る前に湾の歴史や生物学が説明された短い教育ビデオを見てから、湾に入ります。湾への道は、急な坂となっていますので、足の悪い人や、年配の方は、有料のシャトルバスでビーチまで行けます。

ハナウマ湾は、大きなサンゴ礁に守られているため、大きな波がなく、小さい子供でも安全に楽しむことができます。水中では、海の様々な生物が見れます。その中の1つに、ハワイ州の魚、「フムフムヌクヌクアプアア」も見れます。この魚は、ハワイの子供たちがみんな勉強する魚で、この魚の名前を覚えたら、ハワイ通への第一歩になります。
湾では、魚やカメに餌をあげたり、追いかけたり、触ったりすることは出来ませんが、一緒に泳いだり写真を撮ったりすることは出来ますので、是非、水中カメラを持っていってください。すごい感動の写真が撮れると思います。

シュノーケリングセットはどうする?

また、ハナウマ湾の中にはシュノーケリング道具一式を貸し出しているレンタルショップもあり、わざわざ購入して持って行く必要がないのでとても便利です。ただ、シュノーケリング貸し出しショップは、ハナウマ湾が閉まる前に、閉まってしまいますので必ず借りる際に、お店の終了時間を確認しておきましょう。もし、返し損ねてしまいますと、その日に、預けたIDなどが帰ってこないので、大変です。

ウォルマートなどで、シュノーケリング道具一式は安いものから高いものまで買うことができます。買って持って行ってもよいですが、安いシュノーケリング道具は、自分の顔にフィットしなくて、実際使うときに水が入ってシュノーケリングが楽しくなかったということになりかねません。自分で購入して、日本に持って帰ることを考える、ハナウマ湾でレンタルしたほうがいいいですね。

暑さ対策をお忘れなく

ハナウマ湾では、荷物も有料で預けることができますが、飲食店は中にないので、あらかじめ外で買って持ち込みましょう。また、ビーチにはあまり日陰の場所がないので、暑さ対策は十分にしましょう!
ハナウマ湾2

朝一がお勧め!

ハナウマ湾は、バスで簡単に行けますが、バスの本数少なく混んでいますので、事前に時刻表をチェックしてから観光のスケジュールしましょう。また、土曜日、日曜日は非常に混雑してチケット購入の列ができますので、早めに行くのがお勧めです。
朝―のハナウマ湾は、観光客もいなく、ローカルの常連客のみなのでまた違ったハナウマ湾を満喫できます。
10AMになると300台の駐車場もいっぱいになり、入れなくなることもありますので、ご注意を。

 - ハワイ ,

  関連記事

観光客も見学可能!~ハワイ政治の中心、ハワイ州政府ビル~

州議会や知事執務室を備えた、ホノルルにあるハワイ州政府ビル。行政機関でありながら、観光客に対しても開放的な州政府ビルの魅力をご紹介します。

アラモアナビーチ
ロコと一緒にアラモアナビーチで体を動かそう!

ロコ行きつけのアラモアナビーチ。週末になると家族ずれでBBQを楽しんだり、ビーチを楽しんだりと大勢の人で賑わいます。そんなアラモアナビーチでは、色々なアクティビティをしているロコがいっぱいです。是非、ロコに混じってアラモアナビーチを満喫しよう。

タンタラスの丘
ホノルル絶景のビューポイント「タンタラスの丘」

ダイヤモンド・ヘッドと並んで、オアフ島絶景のビューポイント「タンタラスの丘」。コオラウ山脈の山裾にあり、展望台からは、ダウンタウンの高層ビル、ワイキキのホテル群、ダイヤモンド・ヘッドやコバルトブルーの海と青い空が一望できます。

フォスター植物園
世界中の珍しい植物をフォスター植物園で楽しもう!

超有名なカメハメハ大王像からほど近いフォスター植物園。1年で7万人もの観光客が訪問する人気な場所です。園内にはハワイならではの植物もありますが、それ以上に世界中の木が多数植えられています。その中でも特に見るべき植物をご紹介!

アロハタワー
ホノルル港まできたら、アロハタワーマーケットプレイスでお買い物

ホノルル港に建っているアロハタワーのとなりに広がっているアロハタワーマーケットプレイスは、大規模なショッピングセンターとして知られている観光スポット。2015年秋に全面的に改装されて新しい歴史をスタートします。どのような姿になるでしょうか?

ウエディング
ビーチウェディングでも人気!ワイアラエビーチパークって?

ハワイの閑静な住宅街にある、カハラホテル。そのホテルと砂浜で続いているビーチがワイアラエビーチパーク!別名カハラビーチとも呼ばれるビーチですが、ゆったりした時間が流れていてとても静かなのが特徴です。ビーチウェディングでも定番なビーチですね!

ココ・クレーター植物園
ハワイの自然は海だけじゃない!~ココ・クレーター植物園~

ハワイといえば、海。そんなイメージを持っている人が、多いのではないでしょうか。けれど、ハワイで自然を感じられるのは、海だけではありません。今回は、多種多様な植物を観賞することで、ハワイが育む自然の新たな一面を知ることのできるスポット、ココ・クレーター植物園をご紹介します。

モエナ・カフェ
マリンスポーツを楽しめる! 食事もできる!~ココ・マリーナ・センター~

ハワイの高級住宅街にあるココ・マリーナ・センターは、ショッピングも、マリンスポーツも楽しめる場所。そんな、ちょっと欲張りな観光スポットを、今回はご紹介します。

National Memorial Cemetery of the Pacific
兵士たちの魂が眠る場所~国立太平洋記念墓地とは~

ハワイアンにとってだけではなく、日本人にとっても、歴史上重要な意味を持つ場所が、ハワイ、ホノルルにあることをご存知でしょうか。今回は、別名”パンチ・ボール”として知られている、国立太平洋記念墓地をご紹介致します。

ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター
学びながら遊べる!ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター

子供達が遊びながら世の中の色々な仕組みを学べる、大人気のスポットがハワイにあります。ここではハワイの歴史に触れることや、異文化体験もでき、パパやママも一緒に楽しめるので、ご家族で一緒に学びながらハワイの思い出を作ってみませんか?