日系アメリカ人部隊の功績を讃える記念碑~Brothers in Valor Memorial~

      2015/07/01

第二次世界大戦中、米国と日本という2つのルーツのはざまで苦しんだ、日系アメリカ人。その歴史を知ることのできる記念碑が、ワイキキにあるBrothers in Valor Memorialです。

Brothers in Valor Memorialに刻まれているものとは?

Brothers in Valor Memorial
©flickr.com

第二次世界大戦当時、米国にとっては敵国であった日本。その日本にルーツをもつ日系アメリカ人の人々は、大戦の長期化に伴い米軍兵士として大戦に参加するようになりました。そして、日系アメリカ人で組織された部隊の中でも、特に優れた功績を残した4つの部隊の栄誉を讃えているのが、Brothers in Valor Memorialです。では、その4つの部隊というのは、いったいどのような部隊だったのでしょうか?

日系アメリカ人が大部分を占め、多くの軍功をあげた4部隊とは?

米国史上最多の勲章を受けた、第442連隊戦闘団

士官クラスを除き、ほとんどが日系アメリカ人で構成されていた第442連隊戦闘団。大戦が長期化しつつあった1944年頃から、欧州戦線へと投入されました。激戦を極めたモンテ・カッシーノの戦い(イタリア)にも参加し、ドイツ軍に包囲され窮地に立たされていた第34師団141連隊第1大隊(テキサス大隊)の救出にも成功。こうした功績により、現在までに延べ18,000に迫る数の勲章などを受けています。そして、連隊の中でも特に優れた功績を残したのが、次にご紹介する第100歩兵大隊です。

第442連隊戦闘団
©ja.wikipedia.org/

名誉戦傷戦闘団、第100歩兵大隊

構成員のほとんどを日系アメリカ人が占めていた第100歩兵大隊は、1944年6月に第442連隊に編入。以降連隊の第1大隊として、連隊の参戦した戦闘において最前線に立って戦いました。しかし、激戦によって大隊に所属する多くの兵士が死傷し、大戦中の死傷率は314%にのぼりました。
第100歩兵大隊
©matome.naver.jp

ハワイを守り抜いた部隊、第1399技術建設工兵隊

第1399技術建設工兵隊は、それまで別部隊に所属していた日系アメリカ人を寄せ集める形で、1944年4月につくられました。部隊は戦闘に参加したわけではないものの、ハワイにおいて砲弾の設置、大規模貯水タンクの建造、軍用倉庫の建設といった任務に従事。大戦中軍事的な要として米国が重視していたハワイを、枢軸国の攻撃から守る働きをしました。

戦略面を支えたアメリカ陸軍情報部

日系アメリカ人を中心に組織されたアメリカ陸軍情報部は、日本との戦闘において日本軍の通信内容翻訳、情報収集といった任務に従事。対日戦の戦略上、重要な役割を果たしました。
米国と日本との全面戦争のきっかけとなった地、ハワイ。そのハワイで、Brothers in Valor Memorialは今なお大戦中における日系アメリカ人たちの歴史を伝え続けています。

 - ハワイ , ,

  関連記事

ワードウェアハウスエンターテイメントセンター映画館
誰もが楽しめる、ワードエンターテイメントセンター

ハワイ随一の大型モールといえば、ワードセンターズ。ワードセンターズにある5つのエリアの中でも、「ワードエンターテイメントセンター」は、大規模な映画館があるなど、特に娯楽要素の強いエリアです。今回は、この「ワードエンターテイメントセンター」内にある、おすすめスポットをご紹介します!

観光客も見学可能!~ハワイ政治の中心、ハワイ州政府ビル~

州議会や知事執務室を備えた、ホノルルにあるハワイ州政府ビル。行政機関でありながら、観光客に対しても開放的な州政府ビルの魅力をご紹介します。

キャルバリーバイザシー教会で結婚式
ウェディングならここ!!海の見えるキャルバリーバイザシー教会

キャルバリーバイザシーは、ウェディングの最中でも常に海の見える教会として大人気。式が終わった後は祝福に来た来場者と一緒にハワイの海とココヘッドを背景にして、記念撮影を行うことができます。思い出深いウェディングを演出するには最適です。

アラモアナビーチ
ロコと一緒にアラモアナビーチで体を動かそう!

ロコ行きつけのアラモアナビーチ。週末になると家族ずれでBBQを楽しんだり、ビーチを楽しんだりと大勢の人で賑わいます。そんなアラモアナビーチでは、色々なアクティビティをしているロコがいっぱいです。是非、ロコに混じってアラモアナビーチを満喫しよう。

クヒオビーチパーク
やっぱりハワイに来たらクヒオビーチでしょ。

ハワイのビーチと言ったら、まずはじめに思いつくのがワイキキのクヒオビーチでしょう。日本のテレビ番組などでも絶対紹介される、ハワイNo1のビーチです。「ハワイに来たー」と感じるクヒオビーチのロコのお勧めを紹介します。

アラワイ・ヨットハーバー
アラワイ・ヨットハーバーでヨットを背景にサンセットディナー!

アラワイ・ヨットハーバーには多数のヨットが係留されています。青い空を背景にしたヨットハーバーは非常に開放的な空間です。ガイドブックにはあまり出ていないポイントですが、非常に人気のあるハーバーです。夕日に染まったヨットと海の組み合わせが最高です。

ネイティブ・ブックス/ナ・メア・ハワイ
個性際立つハワイの”倉庫街”、ワードウェアハウスの魅力とは?

ハワイでの人気スポットのひとつ、ワードセンターズ。その中でも、地元ハワイを感じられるショップが多く立ち並ぶ、ワードウェアハウスをご紹介します!

モンキーポッド
お子様連れのファミリーにおすすめ!~ニール.S.ブライスデル・パーク~

今回は、地元の人々にとっての憩いの場としてだけではなく、ファミリーでハワイ旅行を楽しむ際にも魅力たっぷりな、ニール.S.ブライスデル・パークをご紹介します。

唾を吐く洞窟
名前からしてもインパクトがある!ハワイの隠れた名所「唾を吐く洞窟」

ハワイに何度も行っている人も知らないかもしれない名前もインパクトのある自然の偉大さを感じることができる穴場スポット「唾を吐く洞窟(Spitting Cave)」を紹介します。

チャイナ・ウォールズ
チャイナウォールズはスリリングでロマンチックなサーフスポット

チャイナウォールズは、多少危険なサーフスポットとしてサーファーには知られた存在です。大きく削れた崖と空と海が一体化した風景を楽しむシークレットビーチとしても愛されているようです。一般的な観光スポットには含まれていないとっておきの場所です。