アロウン・ファームスへ行こう!ハロウィーンにはパンプキン狩り

   

アロウン・ファームスは毎年10月31日のハロウィーンが近づくと、一般に開放される農園。そして訪問した人はハロウィーンにはつきものであるランタンの材料になるパンプキンを、持ち帰ることができます。10月にハワイを訪問する人にはおすすめです。
パンプキン©mahimahi-hawaii.blog.so-net.ne.jp

ハロウィーンの時期になると大人気の農園、それがアロウン・ファームス

州都ホノルルがあるオアフ島のカポレイ地区にある農園「アロウン・ファームス」は、毎年ハロウィーン(10月31日)の時期になると、10月の週末に限定して農園を開放します。そして大規模なパンプキン畑で栽培されている大小のパンプキンの中から、好きなものを選んで購入できます。

アロウン・ファームス、いつもは普通の農園

いつもの農園

ハロウィーン時期を除いて、アロウン・ファームスは普通の農園として営業しています。広大な敷地でパンプキン以外にもトマト、トウモロコシ、スイートオニオンなどを栽培。そして開放日には、パンプキン以外の栽培物も購入できます。

ハロウィーンの時期には農園を開放するアロウン・ファームス

去年(2014年)は10月の11、12、18、19、25、26日に農園を開放しました。通常は10月の土曜日と日曜日を計6回開放するようです。パンプキン狩り以外にも色々なイベントが開催され、小型の移動遊園地とも呼べるような各種のアトラクション、ポニーに乗れるサービスなどが用意されています。3歳以上になると、1人3ドルの入場料がかかります。

開放された農園で、ハロウィーン用のパンプキンを獲得

広大なパンプキン畑には、大少のパンプキンがゴロゴロと転がっています。トラクターの引っ張る車に無料で乗ることもできますが、手押し車を借りてパンプキンを探す人もいるようです。
パンプキン収穫©mahimahi-hawaii.blog.so-net.ne.jp

大人の頭くらいのサイズで、1個2ドル程度

重さによって料金が決まります。大人の頭サイズで約2ドルが相場のようです。さらに巨大なパンプキンを選ぶことも可能です。広大な敷地は72エーカーということですが、約30万平方メートルになります。

トウモロコシやスイートオニオンも取れます

トウモロコシ©mahimahi-hawaii.blog.so-net.ne.jp

このアロウン・ファームスで栽培されたパンプキン以外の作物も購入可能。トウモロコシやスイートオニオンなどを、バケツ一杯いくらという計算で代金を支払います

青い空の下、広い畑と大きなパンプキンのある風景

強い太陽の光と青い空の中で、広い畑に山ほど栽培されているパンプキンの中からお好みのサイズを探す時間は印象深いものになりそうですね。印象に残るハワイの一日を過ごしたい人には最適のイベントでしょう。10月にハワイを訪れる予定であれば、アロウン・ファームスのパンプキン狩りを計画してはどうでしょうか?

 - ハワイ

  関連記事

ロイヤルハワイアンセンター
ショッピングだけではない、ロイヤルハワイアンセンター満喫ガイド

ワイキキ最大のショッピング・エンターテイメント複合施設、ロイヤルハワイアンセンターは、ただのショッピングだけではなく、旅行客1人1人の希望を満たしてくれます。是非、お気に入りのロイヤルハワイアンセンターの満喫方法を見つけてください。

ウエディング
ビーチウェディングでも人気!ワイアラエビーチパークって?

ハワイの閑静な住宅街にある、カハラホテル。そのホテルと砂浜で続いているビーチがワイアラエビーチパーク!別名カハラビーチとも呼ばれるビーチですが、ゆったりした時間が流れていてとても静かなのが特徴です。ビーチウェディングでも定番なビーチですね!

唾を吐く洞窟
名前からしてもインパクトがある!ハワイの隠れた名所「唾を吐く洞窟」

ハワイに何度も行っている人も知らないかもしれない名前もインパクトのある自然の偉大さを感じることができる穴場スポット「唾を吐く洞窟(Spitting Cave)」を紹介します。

フォート・デルシー
くつろぐには最適のビーチパーク、それがフォート・デ・ルッシー

フォート・デ・ルッシー公園は、静かな時間を過ごすには最適のビーチパークとして知られています。ワイキキの喧騒からちょとだけ避難したい人には、適した場所です。直射日光を避けることができる環境も提供されているフォート・デ・ルッシーで元気回復。

Brothers in Valor Memorial
日系アメリカ人部隊の功績を讃える記念碑~Brothers in Valor Memorial~

第二次世界大戦中、米国と日本という2つのルーツのはざまで苦しんだ、日系アメリカ人。その歴史を知ることのできる記念碑が、ワイキキにあるBrothers in Valor Memorialです。

サンスーシビーチ
サンスーシビーチでサンセットを堪能しよう

サンスーシビーチ、別名カイマナビーチ。このビーチはワイキキの外れにあるビーチで、ちょっと穴場チックでした。しかし最近は人が増えてきて…あまり穴場とは言えなくなっています。そこで、海に入る以外の楽しみ方をご紹介していきましょう!

チャイナ・ウォールズ
チャイナウォールズはスリリングでロマンチックなサーフスポット

チャイナウォールズは、多少危険なサーフスポットとしてサーファーには知られた存在です。大きく削れた崖と空と海が一体化した風景を楽しむシークレットビーチとしても愛されているようです。一般的な観光スポットには含まれていないとっておきの場所です。

アロハ・スタジアム
5万人収容できるアロハスタジアムは、ハワイ有数のイベント会場

アロハスタジアムはカレッジフットボールの本拠地であり、コンサート会場としても利用されているハワイ有数の球技場です。他にも多数のイベントを開催して、多くの人が来場する場所でもあり、地元の人にとっても非常に重要な大規模イベント会場です。

ハワイ・ネイチャー・センター
ハワイの自然を楽しく学べる、ハワイ・ネイチャー・センターの魅力をご紹介!

短い滞在期間の間に、ハワイの自然について深く学びたいという方!ハワイ・ネイチャーセンターの実施している、環境学習プログラムがおすすめです。今回は、大人も子どもも楽しく自然について学べる同センターの魅力をご紹介します。

ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター
学びながら遊べる!ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター

子供達が遊びながら世の中の色々な仕組みを学べる、大人気のスポットがハワイにあります。ここではハワイの歴史に触れることや、異文化体験もでき、パパやママも一緒に楽しめるので、ご家族で一緒に学びながらハワイの思い出を作ってみませんか?