アロウン・ファームスへ行こう!ハロウィーンにはパンプキン狩り

   

アロウン・ファームスは毎年10月31日のハロウィーンが近づくと、一般に開放される農園。そして訪問した人はハロウィーンにはつきものであるランタンの材料になるパンプキンを、持ち帰ることができます。10月にハワイを訪問する人にはおすすめです。
パンプキン©mahimahi-hawaii.blog.so-net.ne.jp

ハロウィーンの時期になると大人気の農園、それがアロウン・ファームス

州都ホノルルがあるオアフ島のカポレイ地区にある農園「アロウン・ファームス」は、毎年ハロウィーン(10月31日)の時期になると、10月の週末に限定して農園を開放します。そして大規模なパンプキン畑で栽培されている大小のパンプキンの中から、好きなものを選んで購入できます。

アロウン・ファームス、いつもは普通の農園

いつもの農園

ハロウィーン時期を除いて、アロウン・ファームスは普通の農園として営業しています。広大な敷地でパンプキン以外にもトマト、トウモロコシ、スイートオニオンなどを栽培。そして開放日には、パンプキン以外の栽培物も購入できます。

ハロウィーンの時期には農園を開放するアロウン・ファームス

去年(2014年)は10月の11、12、18、19、25、26日に農園を開放しました。通常は10月の土曜日と日曜日を計6回開放するようです。パンプキン狩り以外にも色々なイベントが開催され、小型の移動遊園地とも呼べるような各種のアトラクション、ポニーに乗れるサービスなどが用意されています。3歳以上になると、1人3ドルの入場料がかかります。

開放された農園で、ハロウィーン用のパンプキンを獲得

広大なパンプキン畑には、大少のパンプキンがゴロゴロと転がっています。トラクターの引っ張る車に無料で乗ることもできますが、手押し車を借りてパンプキンを探す人もいるようです。
パンプキン収穫©mahimahi-hawaii.blog.so-net.ne.jp

大人の頭くらいのサイズで、1個2ドル程度

重さによって料金が決まります。大人の頭サイズで約2ドルが相場のようです。さらに巨大なパンプキンを選ぶことも可能です。広大な敷地は72エーカーということですが、約30万平方メートルになります。

トウモロコシやスイートオニオンも取れます

トウモロコシ©mahimahi-hawaii.blog.so-net.ne.jp

このアロウン・ファームスで栽培されたパンプキン以外の作物も購入可能。トウモロコシやスイートオニオンなどを、バケツ一杯いくらという計算で代金を支払います

青い空の下、広い畑と大きなパンプキンのある風景

強い太陽の光と青い空の中で、広い畑に山ほど栽培されているパンプキンの中からお好みのサイズを探す時間は印象深いものになりそうですね。印象に残るハワイの一日を過ごしたい人には最適のイベントでしょう。10月にハワイを訪れる予定であれば、アロウン・ファームスのパンプキン狩りを計画してはどうでしょうか?

 - ハワイ

  関連記事

カカアコウォーターフロント公園の夕日
静かな時間と海が支配するカカアコウォーターフロント公園

カカアコウォーターフロント公園は、のんびりとサンセットを味わえる絶好のスポット。公園内にえひめ丸の慰霊碑があることでも有名です。この場所は静かに時間が過ぎて行くだけではありません。周辺を散策したら、ゆっくりと食事も楽しみましょう。

パキ・プレイグラウンド
ハワイの素晴らしい環境の中で遊びまわれる公園~パキ・プレイグラウンド~

子どもと一緒にハワイを楽しむには、旅行プランの中に、子どもたちが目一杯遊びまわれるような要素を盛り込むことも大切!そこで今回は、心置きなく子どもたちを遊ばせることのできる公園、パキ・プレイグランドをご紹介します。

ホノルル・チョコレート・カンパニー
食事もショッピングも楽しめる定番スポット!ワードセンター

ハワイで人気のモール、ワードセンターズ。中でも特に、食事も、ショッピングも楽しむことができるのが、「ワードセンター」です。今回は、この「ワードセンター」内にある、おすすめのレストランを中心にご紹介します!

カイマナビーチ
カイマナビーチ – ロコがワイキキでよく行くビーチ

ロコが週末にワイキキでよく行くビーチは、なんといってもカイマナビーチです。ビーチで遊んだり、緑の芝生でBBQを楽しんだり、ビーチバレーやフットボールを楽しんでいます。そんな、カイマナビーチでのお勧めをご紹介します。

モンキーポッド
お子様連れのファミリーにおすすめ!~ニール.S.ブライスデル・パーク~

今回は、地元の人々にとっての憩いの場としてだけではなく、ファミリーでハワイ旅行を楽しむ際にも魅力たっぷりな、ニール.S.ブライスデル・パークをご紹介します。

カメハメハ大王像
カメハメハ大王像が表すのは、ハワイ王国の栄光と繁栄の日々

ハワイの観光スポットとして有名なカメハメハ大王像には、いつかのドラマが秘められています。それは王国であったハワイの歴史に密接に関係した壮大な物語です。その大まかな内容を知っておくだけで、カメハメハ大王像の前で有意義な時間を過ごすことができそうです。

ホノルル港
ホノルル ハーバーで美味しい料理と船のある風景を楽しみませんか?

アロハタワーをシンボルマークとするホノルル港の停泊地であるホノルル ハーバーは、買い物をするにも落ち着いて食事をするにも適した観光スポットです。特に新鮮な魚介類を中心とした料理を提供する人気レストランの存在は、グルメな旅人には気になるポイントです。

フォート・デルシー
くつろぐには最適のビーチパーク、それがフォート・デ・ルッシー

フォート・デ・ルッシー公園は、静かな時間を過ごすには最適のビーチパークとして知られています。ワイキキの喧騒からちょとだけ避難したい人には、適した場所です。直射日光を避けることができる環境も提供されているフォート・デ・ルッシーで元気回復。

マノアマーケットプレイス
知る人ぞ知る、地元民のための市場~マノアマーケットプレイスの魅力~

「ハワイにある有名なショッピングスポットは、どこも人が多すぎて、疲れる!」と思っている方には、マノアマーケットプレイスがオススメ!ショップも豊富で品ぞろえもバラエティに富んでいる、知る人ぞ知るマノアマーケットプレイスの魅力をご紹介します。

サンスーシビーチ
サンスーシビーチでサンセットを堪能しよう

サンスーシビーチ、別名カイマナビーチ。このビーチはワイキキの外れにあるビーチで、ちょっと穴場チックでした。しかし最近は人が増えてきて…あまり穴場とは言えなくなっています。そこで、海に入る以外の楽しみ方をご紹介していきましょう!