チャイナウォールズはスリリングでロマンチックなサーフスポット

      2015/06/14

チャイナウォールズは、多少危険なサーフスポットとしてサーファーには知られた存在です。大きく削れた崖と空と海が一体化した風景を楽しむシークレットビーチとしても愛されているようです。一般的な観光スポットには含まれていないとっておきの場所です。
チャイナ・ウォールズ

上級者向けのサーフスポット、それがチャイナウォールズ

砂浜がない分多少の慣れが必要なサーフスポットです。そのためか、単に飛び込んで楽しむだけの人もいます。この場所はドラマチックな景色が楽しめるため、特に夕日を楽しむためにだけ訪れる人もいるようです。一般的な観光ガイドには載っていない場所ですが、単に景色を眺めるだけでも楽しめそうな場所です。

チャイナ・ウォールズ

高い技術が必要なサーフスポットでの遊び方

岩場から飛び込んで遊ぶしかない場所です。ここではサーフィンの方法も少し変わっているようです。それは岩にぶつかって波が盛り上がってきたタイミングで飛び込むというものです。波が大きい日には、陸に戻るときも波を利用して崖をよじ登るといった具合です。
チャイナ・ウォールズ

ロマンチックな気分を味わえるシークレットビーチ

崖が波によって削られている場所もあり、それが青い空、海と一緒になれば、それだけで自然の芸術となります。この雄大な風景を楽しむためにやってきたカップルで、このシークレットビーチが一杯になる時間帯もあります。
チャイナ・ウォールズ

チャイナウォールズでの遊び方は人それぞれ

かなり急な崖からそのまま飛び込む人、サーファーとしての力量を見せつけようとする人、そして大自然の創りだす芸術的な風景を楽しむだけのためにやって来る人がいます。冬は特に海が荒れるので、注意が必要になる場所でもあります。

まずは、サーフスポットに慣れましょう。

サーファーとして経験が浅い人は、まずサーフボードなしで飛び込んでみる方が良いでしょう。時々ケガをするサーファーもいるようですから、油断は大敵です。インターネット上では実際にこの場所でサーフィンをやっている人の様子が公開されています。一度内容をチェックしてから訪問すべきでしょう。
チャイナ・ウォールズ

ココマリーナセンター

チャイナウォールズの帰りには、レストランや映画館などがあるココマリーナセンターに寄ってみましょう。目の前には停泊した多数のクルーザーが見えるはずです。このような風景を目で楽しみながら食事がとれるレストランもあります。

アサッジオ・ハワイ・カイ

アサッジオ・ハワイ・カイ
©blog.looktour.net
ハーバーが目の前にあるイタリアンのレストランです。ピザ、パスタ、ステーキなどの一般的な料理が普通に美味しいと評判ですが、特にフィレミニョンステーキの人気が高いようです。このレストランでは、夕方になると美しいハーバーの風景を楽しみながら食事をとることができます。

チャイナウォールズの風景を思い出しながらの食事は、また格別かも知れませんね。サーフィンの得意でない人は、見学だけにした方が良さそうなサーフスポットですが、大自然が創りだした絶景を楽しむだけでも、行ってみる価値があるシークレットビーチです。

 - ハワイ ,

  関連記事

アラワイ運河
アラワイ運河で、のんびりと風に吹かれて過ごしませんか?

アラワイ運河はワイキキの北側にある運河です。運河沿いの散歩道では朝夕には多数の人がジョギングやウォーキングを楽しんでいます。また運河ではボートの練習をしている学生の姿を確認できます。アラワイ運河を吹く爽やかな風に吹かれながらの散歩はいかがですか?

ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター
学びながら遊べる!ハワイ チルドレンズディスカバリーセンター

子供達が遊びながら世の中の色々な仕組みを学べる、大人気のスポットがハワイにあります。ここではハワイの歴史に触れることや、異文化体験もでき、パパやママも一緒に楽しめるので、ご家族で一緒に学びながらハワイの思い出を作ってみませんか?

セント・アンドリュース大聖堂
憧れのウェディング!~セント・アンドリュース大聖堂~

ハワイには、伝統と格式のある聖堂や教会が多数存在しています。その中でも今回は、結婚式場として人気を集めている、セント・アンドリュース大聖堂をご紹介します!

タンタラスの丘
ホノルル絶景のビューポイント「タンタラスの丘」

ダイヤモンド・ヘッドと並んで、オアフ島絶景のビューポイント「タンタラスの丘」。コオラウ山脈の山裾にあり、展望台からは、ダウンタウンの高層ビル、ワイキキのホテル群、ダイヤモンド・ヘッドやコバルトブルーの海と青い空が一望できます。

ワードウェアハウスエンターテイメントセンター映画館
誰もが楽しめる、ワードエンターテイメントセンター

ハワイ随一の大型モールといえば、ワードセンターズ。ワードセンターズにある5つのエリアの中でも、「ワードエンターテイメントセンター」は、大規模な映画館があるなど、特に娯楽要素の強いエリアです。今回は、この「ワードエンターテイメントセンター」内にある、おすすめスポットをご紹介します!

カメハメハ大王像
カメハメハ大王像が表すのは、ハワイ王国の栄光と繁栄の日々

ハワイの観光スポットとして有名なカメハメハ大王像には、いつかのドラマが秘められています。それは王国であったハワイの歴史に密接に関係した壮大な物語です。その大まかな内容を知っておくだけで、カメハメハ大王像の前で有意義な時間を過ごすことができそうです。

ハワイ・ネイチャー・センター
ハワイの自然を楽しく学べる、ハワイ・ネイチャー・センターの魅力をご紹介!

短い滞在期間の間に、ハワイの自然について深く学びたいという方!ハワイ・ネイチャーセンターの実施している、環境学習プログラムがおすすめです。今回は、大人も子どもも楽しく自然について学べる同センターの魅力をご紹介します。

マカプウライトハウストレイル
気軽に楽しめるトレイル~マカプウ・ライトハウス・トレイルの魅力!~

オアフ島東部、岬の突端にある灯台を目指して進むトレイルコースが、マカプウ・ライトハウス・トレイルです。今回は、ホエール・ウォッチングを楽しむこともできる、マカプウ・ライトハウス・トレイルの魅力をご紹介!

モエナ・カフェ
マリンスポーツを楽しめる! 食事もできる!~ココ・マリーナ・センター~

ハワイの高級住宅街にあるココ・マリーナ・センターは、ショッピングも、マリンスポーツも楽しめる場所。そんな、ちょっと欲張りな観光スポットを、今回はご紹介します。

カオピラニ公園
ワイキキの憩いの場所 カピオラニ公園

ワイキキの東側に雄大に広がるカピオラニ・パーク。どこまでも緑色の芝が続き、そこから見えるワイキキのシンボル ダイヤモンドヘッドは、これぞハワイ!ジョギングやピクニックなどカピオラ二公園ならではのハワイの過ごし方をご紹介します。